事業内容 ~廃棄物処理と循環型社会の実現に向けた様々な活動のご案内~

HOME > 事業内容 > 廃棄物埋立処分事業 > 浸出水の処理

浸出水の処理

埋立地からの浸出水は、ラグーンや凝集沈殿等の浸出水処理施設で生物処理・化学処理をして下水道に放流しています。

浸出水(埋立てられた廃棄物が保有する水分や埋立地内に降った雨水が廃棄物層を通過したもの)を速やかに集水し、浸出水処理施設で処理した後に下水道に放流しています。

埋立地内の浸出水集排水設備で集められた浸出水は、各埋立地のポンプピットから浸出水量の調整機能を持ったラグーンに圧送されます。ラグーンでは嫌気ラグーンと好気ラグーンを循環することにより生物処理され、さらに浸出水処理施設で凝集沈殿やpH調整を行います。下水道に放流する処理水は常に監視測定を行い、リアルタイムで下水道管理者に報告されます。

また、敷地内にある観測井や周辺の沢や河川の水質モニタリングを行い周辺環境に配慮した管理に努めています。


浸出水集排水設備

浸出水処理フロー

フロー図

浸出水処理施設位置図

①浸出水の集水②ラグーンでの処理
CIMG0848.jpg
埋立てられた廃棄物の保有水や雨水の浸透により発生した浸出水を速やかに集水するために埋立地内に縦横に張り巡らした浸出水集排水設備を設置しています。 浸出水集排水設備で集められた浸出水はポンプピットから嫌気ラグーンに送られます。嫌気ラグーンと好気ラグーンを循環することによりBODや窒素などを除去します。また、ラグーンは浸出水の流量の調整機能も有しています。
③凝集沈殿施設④モニタリング
8.jpg
ラグーンで前処理した浸出水は凝集沈殿槽に送られ、浮遊物質(SS)などを除去しpHの調整も行います。凝集沈殿後、上澄水を下水道に放流します。 下水道に放流する処理水は常に監視・測定を行っています。自主分析をするとともに外部の検査機関で分析も行っています。流量、pH、電気伝導度、CODは機械的に24時間監視され下水道管理者に報告されるようになっています。

事業内容

▼廃棄物の処理についての お問い合わせはこちら

総務部・企画調整部 022-343-2877業務部 022-343-2425

廃棄物の処理について  お問い合わせ  アクセス

このページの先頭にもどる

公益財団法人 宮城県環境事業公社 ~私たちは県民の皆様とともに、循環型社会の形成に向け、様々な取り組みを実施しています。~ISO14001認証取得

〒981-3415
黒川郡大和町鶴巣小鶴沢字大沢5番地
―クリーンプラザみやぎ―
総務部・企画調整部
TEL:022-343-2877 FAX:022-343-2881
業務部(廃棄物の処理についてのお問合せ)
TEL:022-343-2425 FAX:022-343-2647

お問い合わせ アクセス
廃棄物の処理について